秘密の心臓 赤毛のアンセム・シリーズ

※チャイコ書籍のみを注文された場合、配送料を無料とさせていただき、ゆうメールでのお届けになります。
配送方法にゆうパックを選択されたとしても、ゆうメールでのお届けになりますので、ご了承ください。


闇と光に分断されたべドラム・シティ──
ノースサイドには富者が安穏に暮らし、
麻薬、犯罪、殺人事件がはびこるサウスサイドでは
貧者が苦しんでいる。
豪壮なペントハウスに住む17歳の赤毛のアンセムは
独り淋しくビルの屋上から
無法地帯と化したサウスを見つめている。
胸の奥で激しく鼓動するバイオニックの心臓。
「今夜も悪漢を成敗しに行かなくては」
“スーパーバレリーナ”は暗黒の街に闘いを挑む!



「抜群の筆力と、強烈な想像力で描かれた、心躍る小説。
サスペンス、ロマンス、復讐劇でもあるこの作品は、
ヤングアダルト(YA)界に革命的新人作家と
新しいタイプのスーパーヒーローを出現させた。
ページをめくる手が止まらない」


──The New York Timesお墨付きYAベストセラー作家
エイミー・フリードマンも絶賛


形態:ソフトカバー A5判変形 210x138mm 388頁

著者紹介
アメリア・カヘーニ

カリフォルニア州サンディエゴの、天候と大きな波に恵まれた
沿岸の町で生まれ育ったが、サーフィンは性に合わず、青春小説や少女小説に読み耽った。
15歳でハワイ島に転居。詩を作り、サッカーチームに所属し、活火山から流れ出る溶岩を眺めるのが好きだった。
カリフォルニア州立大学サンタクルーズ校に進み、ヨーロッパ文学を専攻したのち、
2001年に大きなスーツケースと漠然とした計画と高い望みを抱いてニューヨーク・シティに移住。
トラック運転手、映画撮影スタッフ、受付、地雷撲滅運動家など仕事を転々とし、
住まいも10回替わったあと、ブルックリン・カレッジで小説作法の勉強を始めた。
以後、ワークショップや大学でライティングの指導にあたりながら、創作に専念。
本作『秘密の心臓』でデビューを飾った。
現在、夫と6歳になる息子とブルックリンに在住。

訳者紹介
法村里絵

女子美術短期大学卒。英米文学翻訳家。主な訳書に
ヒラリー・ウォー『失踪当時の服装は』『この町の誰かが』、
S・J・ボルトン『三つの秘文字』『毒の目覚め』『緋の収穫祭』、
リチャード・バッグ『フェレット物語』などがある。
型番 TCHA0002
販売価格
1,850円(税抜)
購入数